いつもはユルユル、たま~に熱くなって走りたいと思っている鈍足ランナーの日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
奥熊野ウルトラマラソンを振り返る①
2013年05月01日 (水) | 編集 |
ちょっと長いですが一気にいきます。


この大会は
和歌山の那智勝浦町の山中を走る
起伏に富んだコース。

100kの部で参加者は約400名と
こじんまりとした手作り感あふれる大会。

今年ですでに15回目の開催です。

エイドも多くて30箇所ほどあります。
約3kごとにあるのでとってもありがたいです。



高低図です。


4月28日 午前5時 

那智の滝の前をスタート。


スタート直後

境内の階段を歩いて上ります。

階段を上ってからもしばらくは上り坂。


その後は5kほど下ります。

このあたりはまだまだアップという感じ。

脚の状態もよく体調は万全でした。


絶対 完走するぞ~

と元気でした。



5k通過 32分07秒


下り終わって5kほど上り坂。

ここは無理して走りません。


周りをみても歩いている人が多い。

ただ、脚が固まらないように
少し走って、少し歩いての繰り返し。



10k通過 1:11:27  

12k頃から20k位までは下り坂。

まだまだ序盤。

脚も元気で快調に下っていきます。



20k通過  2:20:07


そして27.2k

預けた荷物が届いてあるエイドに到着。

パワージェルや一口羊かんを
ウエストポーチに詰めて出発。



ここからしばらくは平坦な感じ!!

39.9k地点のエイドあたりで
頂上まであと2kの表示。

この坂はかなり勾配がきつく走れません。

ムダな抵抗はせずに歩きます。


上りきって再び50k手前まで下り坂。


45kを過ぎたあたり
右の太腿が攣りかけます。

こんなところで攣ったらヤバイ!!

なんとか持ちこたえていましたが
知らず知らずのうちに
かばいながら走っていたんでしょうね。

次第に左のふくらはぎが
おかしくなってきました。


50k通過  6時間36分53秒

考えていた時間より7分遅れましたが
まずまずのペース。

残り時間は7時間50分



57.6kの折返し地点の手前

気がつけばGPS時計の電池が切れていました。

ここで弟から借りてきたGPS時計にスイッチ。


折返しまで、ゆるやかな上り坂だったし、
気温もあがってきたようで
徐々に体力を奪われていきました。

「こんなじゃ完走なんて出来ない。」

と、かなり気持ちも弱気に…。


折り返し後 今度は下り坂。

また力がよみがえってきました。

「この調子だと完走できるんじゃ」


強気になったり
弱気になったりの繰り返し。



60k通過時点で残り時間は6時間20分 

まだ大丈夫だ!! 十分間に合う!!



しかも、しばらくは下り坂です。

しかし、次第に下りでの着地の衝撃に
脚が耐えられなくなってきます。

でも、下りで少しでもタイムを稼ぎたい。

なんとか耐えて70k到達。

あと30k 

残り時間はちょうど5時間。


と言うことは

k10分で間に合う。

大丈夫だ!!完走できる!!


ただ、85kから
8kほどは上りが待っています。

最初に下ってきた道なので
どんな坂かはわかっています。

間違いなくあの坂は走れません。


だから、その上り坂以外で
少しでも貯金をつくりたい。

そう思って走っていました。


だいたい、K7分半~8分では走れていたので
貯金は確実に出来ていたと思います。


そして荷物を預けている76.1K地点


もう目の前

シューズを履き替えてラスト24K 頑張ろう。


そう思いましたが

左のふくらはぎがつって悶絶。

さらに右の太腿もつって悶絶。

つったのとシューズを履きかえるために
数分間座り込んでしまいました。


脚はまだ動くのか!?


横を見るとすでに倒れこんでいる人もいます。


早くこのエイドを出発しないと間に合わない!!


いっしょのペースで走ってきた人達は
次々に出発して行きます。

ここで置いていかれると一人旅になってしまう…

ここにきての一人旅はつらすぎる…

なんとか着いて行かないと…


そう思って立ち上がり走り出す。




ダメだ。走れません。

また攣る。

とりあえず歩く。




こんなところで終われない…


83Kの関門を超えないと…


まだ歩いても間に合う…







でも、もう前に進む力は残ってませんでした。

時間だけが過ぎてしまい

私のウルトラマラソンへの挑戦は終わりました。


体力もなけりゃ、根性もない!!


実質、
脚がつってしまった地点で勝負ありでしたね。

つってなかったとしても、
85k以降に来る上り坂をクリアできたかどうか?



ふがいないの一言です。



いろいろ他にも感想とか書きたいですが
長くなったのでまた次にします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
やはりウルトラって過酷なんですね。
私は挑戦しようとも思いませんわ(笑)

ただでさえ長いキョリにアップダウンなんて
カメザルさん凄すぎです。

私からすれば尊敬ですよ。
2013/05/01(Wed) 20:20 | URL  | tetu801 #-[ 編集]
再度奥熊野お疲れさまでした。

坂で脚がやられましたかね。距離ですかね。
でも自信最長距離だと思いますので、ぜひ来年も・・・。

いいペースで走れていたのに、不安な点がだんだんと大きくなってきて、突然来るんですね。

私もどこでそれが来るかが勝負の分かれ目だと思ってます。

ただ、平坦、70kmというのはかなり救われていると思いたいです。
2013/05/01(Wed) 23:50 | URL  | えーかわ #-[ 編集]
お疲れ様でした。 興味深く読ませていただきました。 決して「不甲斐ない」ことないですよ。 とても私ではできないようなトレーニングもされてましたし尊敬です。 でもウルトラは厳しいんですねえ。 来年もチャレンジんされますか 私も挑戦しようかな
2013/05/02(Thu) 01:41 | URL  | Yoko - chin/ Amino #-[ 編集]
悔しい気持ちを心に持ちながら、レースを冷静に振りかえっておられる姿勢に胸が熱くなりました。

だから「ふがいない」なんてことはないんです。

いつも練習会でお互いアホな話ばかりしていましたが、カメザルさんの芯の強さを見た気がしました。
というか今回のことで強くなられたのかも…
なんて若輩者が偉そうなことを言ってすいません。e-134

でも何だか今までとは違う一面を見られた気がして、再始動されてからのカメザルさんが頼もしく感じるブログです。

足、お大事になさってください。肉離れしたら信号点滅した横断歩道すら小走りできませんから(体験談)。

ほんとにお疲れ様でしたe-491
2013/05/02(Thu) 08:55 | URL  | さっちん #-[ 編集]
本当にお疲れ様でした。
初めまして、KIKUと申します。
しばらく前から興味深く読ませて頂いてました。

本当にお疲れ様でした。
今回の回顧を読む限り行けそうかと思いましたが・・・。
自分はフルまでしか走ったことが無いので、偉そうなことは
言えませんが、また次に向けて頑張って下さい。
2013/05/02(Thu) 11:19 | URL  | KIKU #-[ 編集]
Re: タイトルなし
> tetu801さん

過酷でした。

でも能力のある人はすぐに完走できるんでしょうね~

尊敬だなんてとんでもない。
途中関門アウトなんて誰でも出来ますから(笑)

いずれいっしょに参加しませんか?(^^)v

2013/05/02(Thu) 19:23 | URL  | カメザル #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>えーかわさん

坂と距離の両方でしょうね~
でも、どちらかと言えば坂のような気がします。

えーかわさんも70kという長丁場のなか、
調子が悪い時にどれだけ粘って走れるかだと思います。
気持ちを切らさずに頑張ってくださいね!


2013/05/02(Thu) 19:24 | URL  | カメザル #-[ 編集]
Re: タイトルなし
> Yoko – chinさん

ありがとうございます。
いや~ やっぱり情けないし不甲斐ないですよ。

ブログにも書こうと思っていますが
来年は都合により回避します。次の挑戦は再来年の予定。
いっしょにどうですか!!
Yoko – chinさんほどの走力があれば間違いなく完走できると思います。


2013/05/02(Thu) 19:25 | URL  | カメザル #-[ 編集]
Re: タイトルなし
> さっちんさん

ありがとうございます。

いや~ こっぱずかしいです(汗)

最近はめんどくさいので(笑)
あんまりレースのレポはくわしく書かないのですが、
今回は完走できなかったからこそ
ちょっとマジメに書いておこうと思って…(^^)v

悔しさを忘れないためにもね!!

レース中 攣った時に
やはり肉離れが脳裏をよぎり怖かったですね。
幸い大事にはいたらず持ちこたえました。

再始動したらまたアホな話ばかりにもどると思いますが、
またこれからもヨロシクお願いします。

2013/05/02(Thu) 19:28 | URL  | カメザル #-[ 編集]
Re: 本当にお疲れ様でした。
>KIKUさん

はじめまして

コメントありがとうございます。

私自身も途中これはいけるだろうと思いましたが
最後は走れなくなってしまいました。
まだまだ甘かったです。

今回 走ってみて、もっと力をつけないと残り17Kは
走りきれないと思いました。

また頑張って挑戦しようと思ってます。

2013/05/02(Thu) 19:29 | URL  | カメザル #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。