いつもはユルユル、たま~に熱くなって走りたいと思っている鈍足ランナーの日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
奥熊野ウルトラマラソンを振り返る ②
2013年05月02日 (木) | 編集 |
残念ながら83kで終わってしまった

奥熊野ウルトラマラソン。


完走出来なかったので、
えらそうなことは言えませんが、
83k走るうちにも
調子のいい時、悪い時
気持ちがポジティブな時、ネガティブな時
そんなのが繰り返し襲ってきました。

そんな中でも
完走するんだという強い気持ちを持ち続け
遅くてもいいので1歩1歩前に進めば
ゴールにたどり着く。

そう思いました。


ま、たどり着きませんでしたけど…


強い気持ちを持ち続けるためには
練習に裏打ちされた確固たる体力、
自信が必要です。

人によって、
これだけ練習すれば完走できる
というのはそれぞれ違うと思います。

僕の場合はまだまだ
足りなかったと言うことでしょう。




関門地点からゴールの会場まで
車で送ってもらいました。

マラソンを始めた頃
何度か収容車に乗った経験があります。


久しぶりに収容車に乗るという
屈辱感やみじめさを味わいました。



ゴール会場で完走証を
持っている人達がまぶしかったです。


去年のこの大会で60kの部に出て
完走した後に頂いたうどんは
とても美味しかった。


今年のうどんの味は
去年とは全く違った味に思えました。


完走出来なかった自分が情けなくて、
うどんを食べながら思ったのは
「早くこの場から立ち去りたい。」
そんな思いでした。


近くの温泉に無料で入らせてもらえるのですが、
きっと周りは完走した人ばかりだし…
そんな中に入っていくと
さらに自分が情けなく思えてくる。


負け犬は早く立ち去ろう(涙)


そう思って温泉にも入らず、
逃げるように駐車場行きの車に乗りました。


今回、完走出来なかったので
「楽しめました」とは言えません。


楽しめなかったというのは
僕が完走できなかったからであって
大会自体は素晴らしい大会です。

主催者の方々やエイドでお世話になった方々
本当にありがとうございました。


走り終わった直後や翌日は
疲れ果てて何も考えたくないという状態でしたが

今は

奥熊野ウルトラマラソンを完走したい。

その思いが湧いてきました。

他のウルトラの大会に出ることは考えていません。


ただ、来年は娘が大学受験の年になります。

去年 息子が受験でしたが
そっちのほうに気が行ってしまい
年が明けてからは
なかなか落ち着いて練習は出来ませんでした。

ましてや、
一人暮らしを始めることにでもなれば
引越し準備も忙しいし2月・3月は
練習どころではなくなってきます。


ウルトラは十分な準備が必要です。

なので 来年の参加は見送ります。
(そういうこともあって今年完走したかったんですけどね)


再来年

50歳になる人生の節目の年にもう一度挑戦します。

2年かけてウルトラを完走できる体をつくります。



と言えばかっこいいですが、

そんなことばかり考えて
走っているわけでもないので
これからも趣味として
楽しく走っていきたいと思います

なので、このブログも
まだまだ続けていこうと思います。



みなさん これからもよろしくお願いします。








なんか2日も続けて

一生懸命マジメにブログを書いてしまいました。

きゃ~   恥ずかしい~



【4月28日のRUN】 83k
【4月のRUN】    211k
スポンサーサイト
奥熊野ウルトラマラソンを振り返る①
2013年05月01日 (水) | 編集 |
ちょっと長いですが一気にいきます。


この大会は
和歌山の那智勝浦町の山中を走る
起伏に富んだコース。

100kの部で参加者は約400名と
こじんまりとした手作り感あふれる大会。

今年ですでに15回目の開催です。

エイドも多くて30箇所ほどあります。
約3kごとにあるのでとってもありがたいです。



高低図です。


4月28日 午前5時 

那智の滝の前をスタート。


スタート直後

境内の階段を歩いて上ります。

階段を上ってからもしばらくは上り坂。


その後は5kほど下ります。

このあたりはまだまだアップという感じ。

脚の状態もよく体調は万全でした。


絶対 完走するぞ~

と元気でした。



5k通過 32分07秒


下り終わって5kほど上り坂。

ここは無理して走りません。


周りをみても歩いている人が多い。

ただ、脚が固まらないように
少し走って、少し歩いての繰り返し。



10k通過 1:11:27  

12k頃から20k位までは下り坂。

まだまだ序盤。

脚も元気で快調に下っていきます。



20k通過  2:20:07


そして27.2k

預けた荷物が届いてあるエイドに到着。

パワージェルや一口羊かんを
ウエストポーチに詰めて出発。



ここからしばらくは平坦な感じ!!

39.9k地点のエイドあたりで
頂上まであと2kの表示。

この坂はかなり勾配がきつく走れません。

ムダな抵抗はせずに歩きます。


上りきって再び50k手前まで下り坂。


45kを過ぎたあたり
右の太腿が攣りかけます。

こんなところで攣ったらヤバイ!!

なんとか持ちこたえていましたが
知らず知らずのうちに
かばいながら走っていたんでしょうね。

次第に左のふくらはぎが
おかしくなってきました。


50k通過  6時間36分53秒

考えていた時間より7分遅れましたが
まずまずのペース。

残り時間は7時間50分



57.6kの折返し地点の手前

気がつけばGPS時計の電池が切れていました。

ここで弟から借りてきたGPS時計にスイッチ。


折返しまで、ゆるやかな上り坂だったし、
気温もあがってきたようで
徐々に体力を奪われていきました。

「こんなじゃ完走なんて出来ない。」

と、かなり気持ちも弱気に…。


折り返し後 今度は下り坂。

また力がよみがえってきました。

「この調子だと完走できるんじゃ」


強気になったり
弱気になったりの繰り返し。



60k通過時点で残り時間は6時間20分 

まだ大丈夫だ!! 十分間に合う!!



しかも、しばらくは下り坂です。

しかし、次第に下りでの着地の衝撃に
脚が耐えられなくなってきます。

でも、下りで少しでもタイムを稼ぎたい。

なんとか耐えて70k到達。

あと30k 

残り時間はちょうど5時間。


と言うことは

k10分で間に合う。

大丈夫だ!!完走できる!!


ただ、85kから
8kほどは上りが待っています。

最初に下ってきた道なので
どんな坂かはわかっています。

間違いなくあの坂は走れません。


だから、その上り坂以外で
少しでも貯金をつくりたい。

そう思って走っていました。


だいたい、K7分半~8分では走れていたので
貯金は確実に出来ていたと思います。


そして荷物を預けている76.1K地点


もう目の前

シューズを履き替えてラスト24K 頑張ろう。


そう思いましたが

左のふくらはぎがつって悶絶。

さらに右の太腿もつって悶絶。

つったのとシューズを履きかえるために
数分間座り込んでしまいました。


脚はまだ動くのか!?


横を見るとすでに倒れこんでいる人もいます。


早くこのエイドを出発しないと間に合わない!!


いっしょのペースで走ってきた人達は
次々に出発して行きます。

ここで置いていかれると一人旅になってしまう…

ここにきての一人旅はつらすぎる…

なんとか着いて行かないと…


そう思って立ち上がり走り出す。




ダメだ。走れません。

また攣る。

とりあえず歩く。




こんなところで終われない…


83Kの関門を超えないと…


まだ歩いても間に合う…







でも、もう前に進む力は残ってませんでした。

時間だけが過ぎてしまい

私のウルトラマラソンへの挑戦は終わりました。


体力もなけりゃ、根性もない!!


実質、
脚がつってしまった地点で勝負ありでしたね。

つってなかったとしても、
85k以降に来る上り坂をクリアできたかどうか?



ふがいないの一言です。



いろいろ他にも感想とか書きたいですが
長くなったのでまた次にします。
奥熊野ウルトラマラソン・結果
2013年04月28日 (日) | 編集 |
残念ながら83kの関門で死亡しました。

悔しいですがこれが実力。

応援していただいた皆さん
本当にありがとうございました。

とりあえず今は何も考えたくありません(笑)

奥熊野ウルトラマラソンの感想
2012年04月25日 (水) | 編集 |
奥熊野いだ天ウルトラマラソン

この大会は和歌山で行われる大会ですし、
ウルトラに出るならこの大会にしようと
以前から思っていた大会です。

地元といっても僕が住む和歌山市からは
車で3時間半ほどはかかりますけど…

手作り感たっぷりで、
規模も小さい大会でしたが素晴らしい大会でした。

ゴール後 頂いた
トン汁、きつねうどん、茶粥も最高に美味しかったです

主催者の方々、そしてボランティアの皆さん
本当にありがとうございました。


このブログのタイトルは

「ウルトラマラソンへの挑戦」です。

正直、あんまりよく考えないでつけた
タイトルなんですけど(笑)

ブログを始めて2年5ヶ月。

日々、ほとんどランニングブログらしいことは
書いてませんが(笑)
コメントを通じて応援してもらったり、
皆さんのブログを拝見して、
長い距離を喜んで走る変態みたいな人達が
いっぱいいることを知ったり、
実際にそんな方達とお会いして
友達になったりと(笑)、
ブログを始めたことがランニングを続けられる
大きな原動力となりました。


皆さん 本当にありがとうございました。


僕の最終目標は100kを完走することです。

来年の奥熊野でこれを達成することを目標として、

これから1年間頑張って行きたいと思います。

って、レースの時にはあまりのしんどさに
「もうウルトラなんか絶対に出えへんわ!!」
と思っていたのですが…
3日たてばあのしんどさを忘れてしまいます(笑)

今回、あまりの雨さ加減に写真とってくるの忘れました。

なので、ユーチューブに
大会の模様をアップされていた方
がいらっしゃったのでお借りします。

残念ながら私は映っていなかったですが
大会の雰囲気はおわかり頂けるかと思います。 
雨中の激走?奥熊野ウルトラ60K ②
2012年04月24日 (火) | 編集 |
通過タイムと、レースをふり返ってみます。
(途中の距離とタイムは GPSウオッチによる自己計測)
(GPSウオッチでの走行距離は61.17kでした)


8時15分スタート
2日間RUNを休んだのが良かったのか
脚の張りもなく快調な滑り出し。

同じペースで走っていた人と
話をしながら楽しく走っていました。

10k通過  1:03:49
最近ではまれに見る好調さ!!
雨は降っていますがあまり気にならず快調。

ちょっとペースが速い気もしましたが、
少しペースを落としたところで途中から
悶絶するのは必至なのでこのまま行く。

15k通過  1:35:37
参加者は100人位と少ないので
まわりにランナーもいなくて
一人 マイペースで走っていました。

20k通過  2:09:13
ここまでは快調でしたが、
まだ3分の1かと思ってしまい、
気持ちが暗くなる(笑) 


25k通過  2:44:08
まだまだ快調。

30k通過  3:14:33
30kまでは問題なくこれるだろうと
思っていたとおり、いやそれ以上に
順調に30Kまでこれました。

問題はここからの後半の30K。

30Kを通過してから延々と続く上り坂。
自分では走っているつもりでしたが、
周りからみると歩いているような
速度だったと思います。

この坂の途中のエイドに寄ったときに、
頂上までまだ2Kあるって聞いたときは
目の前が真っ暗になりましたが…


35k通過  3:56:45
なんとか坂を上りきりこれから下り。
下り坂が数km続くので、
なるべく脚に負担をかけないように、
そして、なるべくブレーキをかけないように走りました。
実際は脚がついて行かなかったですけどね。

下り終わって、
着替えを入れた袋を運んでくれてある
エイドステーションに到着。

びしょびしょだったソックスとシューズを履き替え、
帽子もアミノクラブの帽子に代えて気合を
入れなおしました。

40k通過  4:31:05
また上り坂の区間が始まります。
この区間が今回の大会で一番しんどかったです。

早歩きのようなスピードでかろうじて
走っているつもりでしたが、
途中 壁にしか見えない坂に遭遇
ここで心が折れて歩く。

途中のエイドにあった
イチゴがたまらなく美味しかったです。


45k通過  5:19:05
2つの大きな山を登りきって、
あとはゴールまでは下り坂と平地。
ようやく完走が見えてきました。

この下りの区間は
大阪から参加されているという方と
励ましあいながら走っていました。


50k通過  5:58:01
下り区間とは言え
もう脚がなかなか前にでません。
でも、もうあと10k!!


55k通過  6:34:05
53kくらいのところで下りは終了。

8kほどずっと下ってきたので、
平地とはいえ上り坂を走っているような感覚。

もう疲労困憊です。

残り3kの表示が見えてもまったく
スピードも上がりませんでした。

ラスト1k。
ようやく帰ってきたぞ~

必死のスパート!!

最近はフルを走っても
感動があんまり無かったですが(笑)
久しぶりに自分自身で感動して涙が出てきました。

ゴール  7:23:07


そして、なんと
記録証をもらってびっくり!!
20歳~50歳男性の部でなんと10位。

20歳~50歳の男性って
いったい何人いたのでしょう?
11人くらいはいたのでしょうか!?(笑)

まぁ、パンフレットによると
女性や50歳以上の方をいれても
全員でも110人のエントリーなんですけどね(笑)

でも、ベスト10に入ることなんか
2度とないと思うので素直に喜んでおきます(^^)v

記録証
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。